+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:読書( 28 )
+ 『ポール・ランド、デザインの授業』
f0037748_1165574.jpg


+ 図書館で偶然見かけて試しに読んでみた本。
  薄く軽い本だが内容は結構重い本。
  ポール・ランドはIBMのロゴなどをデザインした人。

  以下はこの本からの抜粋。
  「用語を全て自分で定義するべきだね。デザインが何かを定義するんだよ」
  「デザインとは関係である。形と中身の関係だ」
  言っていることはとてもシンプルで力強い。

  自分にとってのデザインは何なのか?
  あらためて考えてみる。









.
[PR]
by plus-zero | 2016-06-18 11:10 | 読書
+ 『なにもない空間』 ピーター・ブルック著
f0037748_14481441.jpg


+ 演劇および舞台について、
  イギリスの演出家が書いた本。

  なにもない空間。
  本質を掴むためにひとたびは還元化された空間。
  目的地でなく出発点。
  それは観る者の想像力の中ではじめて完成される。

  自分はこの本の”演劇”という言葉を、
  全て”建築"に置き換えて読んでみた。








.
[PR]
by plus-zero | 2016-05-07 14:52 | 読書
+ 『科学の方法』 (中谷宇吉郎 著)
f0037748_8372218.jpg


+ 昨日はある取材の下見の立会いのため”クラスターハウス"へ。
  あいにくの天気だったが、
  家の前の田に植えられた稲の緑がきれい。

  往復の電車内で『科学の方法』(中谷宇吉郎著)を読了。
  平易な言葉で書かれているが、
  科学の限界や自然との関係、
  物質の科学と生命の科学の違い、
  分析と綜合の方法、
  科学における数学や理論の役割、
  そして科学における人間的要素など、
  本の内容自体は深い。
  60年近くも前に書かれた本だが、
  今で言えば複雑系の科学を思わせる概念への先見性も感じられる。
  自分の仕事に引き寄せて、
  科学ではなく「設計の方法」として読み替えても、
  得られるものがあった。

  次は『盲目の時計職人』を読み始める。
  著者は『利己的な遺伝子』のリチャード・ドーキンス。
  ダーウィン進化論について、
  つまり、
  我々人間のような複雑なデザインがどのようにしてつくられたか?
  についてに本。

f0037748_8382658.jpg

[PR]
by plus-zero | 2015-07-07 08:39 | 読書
+ 『新しい自然学-非線形科学の可能性』 (蔵本由紀 著)
f0037748_17074651.jpg


+ ここ数年、
  カオス理論や複雑(適応)系理論などに関する本を読み漁ってきたが、
  この本を読んであらためて、
  それらの理論の存在意味を自分なりに再認識できた。

  要素還元主義的な科学はモノ的同一性に還元してみようとする科学であり、
  カオスや複雑系理論は関係性・つながり方から見ようとする科学だといえる。
  ニュートンに始まる近代科学革命期以来、
  あまりにも要素還元主義的な科学ばかりであったことが、
  現代における科学的な知のあり方がいびつになってしまった原因では?
  というのが著者の問いである。

  要素還元主義的な科学を縦軸だとすれば、
  カオス理論や複雑系理論はそこに横軸を加える理論とも言えるのだろう。
  その縦軸と横軸とによって、
  新たな解像度でもって浮かび上がってくるのが、
  新しい自然像ということなのかも知れない。










[PR]
by plus-zero | 2015-04-18 17:13 | 読書
+ 『形を読む』 養老孟司著
f0037748_0322619.jpg


+ 『形を読む』(養老孟司著)を読む。
  副題は「生物の形態をめぐって」。
  養老氏の本は初期の頃の方に良いものが多い。

  解剖学者による形態学についての本。
  形態学では形を扱う。
  しかしこの本では、
  形の「見え方」ではなく「どう見るか」を、
  つまり形態の「意味」を扱っているので、
  『形を読む』なのだろう。

  (1)数学的・機械的
  (2)機能的
  (3)発生的
  (4)進化的
  といった4つの観点から、
  主に生物の形態の意味を探っていく。

  設計とはさまざまな要件を検討しながら、
  それを最終的には形に翻訳することなので、
  当然そこには形態学的な思考も必要となる。
  よってどうしても、
  建築と重ね合わせながらこの本を読む事になる。
  生物と人工物(建築)との違いはあるが、
  その違いがあるがゆえに、
  かえっていろいろと気付かされることも多く刺激になる。
  特に構造と機能の関係についての考察が興味深い。

  形の「見え方」の形態学は、
  できるだけ「客観性」に軸を置こうとしたものだとすれば、
  (完全なる客観というものがあるとすれば、だが)
  形態の「意味」を読む形態学は、
  ある意味「主観」の問題にもなる。
  しかし突き詰めていけば、
  「意味」を読むのも「主観」を持つのも、
  形を観察するその人の脳の機能である。
  それではヒトは形態について何通りの異なった意味を見るのか?
  それを著者はとりあえず先の4つに分類している。
  つまりそれは、
  人に共通としてあるであろう、
  脳の機能形式をも意味している。
[PR]
by plus-zero | 2014-11-12 00:52 | 読書
+ 『ディズニーランドという聖地』 能登路雅子著
f0037748_19353137.jpg


+ 『ディズニーランドという聖地』(能登路雅子著)を再読する。
  ディズニーランドを通じて、
  アメリカ的な精神、思想、政治、経済などが見えてくる本。

  ウォルト・ディズニーが対象にした「子供性」「スター性」「変身願望」、
  日常生活からの完全な遮断、
  お伽噺や古き良きアメリカといった「ノスタルジア」の演出、
  そしてそのために最大限利用された先端テクノロジー、
  「本物そっくり」を越えた「本物以上の本物らしさ」を追求する超リアリズム、
  汚れ、老醜、そして死という生物学的法則を完全否定した超自然の人工世界、
  徹底的な「衛生思想」や「管理社会」、
  それゆえとしての、
  種々雑多なアメリカ人を統合する場として効果的な文化装置としてのディズニーランド。

  良くも悪くもディズニーランドには、
  精神的、思想的、政治的、経済的な象徴性が付きまとっている。
  パリでのディズニーランド建設計画が持ち上がった際、
  「文化のチェルノブイリ」と警戒する声も聞かれたらしい。
  しかし、
  こういったディズニーランド的な非日常性は次第に虚構世界ではなくなり、
  すでに私たちの住む日常空間にも浸透している。
[PR]
by plus-zero | 2014-10-28 19:41 | 読書
+ 『黒い雨』 井伏鱒二
f0037748_12434877.jpg


+ 昨日の朝は湯河原へ。
  午後は小田原にて敷地調査と打ち合わせ。
  “小田原の家”の設計が本格的にスタートする。

  ここ数日読み続けていた井伏鱒二の『黒い雨』を、
  行き帰りの電車内で読み終える。
  原爆が投下された広島が舞台であり、
  “黒い雨”とは放射性物質を含んだ雨のこと。
  反戦、反核、反米を強く主張するのではなく、
  原爆が落とされた後の光景が抑制された言葉でスケッチされており、
  それが大変印象的な本だった。
[PR]
by plus-zero | 2012-01-10 12:45 | 読書
+ 『人間の建設』 小林秀雄・岡潔 著
f0037748_17275261.jpg


+ 一昨日の日曜日は、
  敷地見学のため小田原へ。
  10年以上前にインドで知り合った友人が、
  やっと色々な条件に見合う敷地にめぐり会えたようだ。
  今後が楽しみである。

  行き帰りの東海道線車中にて、
  『人間の建設』 小林秀雄・岡潔 著 (新潮文庫)
  を読む。
  理論物理学にも通じていた文士・小林秀雄と、
  抽象的な数学の世界に“情緒”が必要と考えた数学者・岡潔。
  それゆえ両者には共有する根本感情があるようで、
  興味深い対談集になっている。
  それぞれの専門分野から一見遠いと思われる他分野への強い関心が、
  両者の強い個性となっているようで、
  そこが面白い。

  建築家・村野藤吾が学生の頃ある建築家に
  「建築家になるには、どういう生き方だったらいいか」と聞いたところ、
  「まず第一に文学に興味があること。その次が数学が出来ること」と言われた、
  とある本に書いてあったことを思い出す。
[PR]
by plus-zero | 2011-11-15 17:36 | 読書
+ 『反解釈』  スーザン・ソンタグ 著
f0037748_5393410.jpg


+ 昨日は“中目黒の家”の階段詳細図を数枚作成。
  階段は “つなぎの空間”として、
  建物の中でとても重要となる部分なので、
  建物ごとに自ずとデザインが異なってくるのだが、
  大変難しい部分でもあることを毎回痛感させられる。

  夜はスーザン・ソンタグの『反解釈』(ちくま学芸文庫)を再読。
  同著者による『写真論』もそうだが、
  この人の文章はとても歯切れが良く鋭いのが魅力。
  乱暴に要約してしまえば、
  「意味など考えるな。見て、聴いて、触って、直接感じろ。」
  ということなのだが、
  何日か前に読んだ小林秀雄の
  「解釈を拒絶して動じないものだけが美しい、
   これが宣長の抱いた一番強い思想だ。
   解釈だらけの現代には一番秘められた思想だ。」 (「無常という事」)
  という言葉を思い出す。

  『反解釈』の中には、
  レネやブレッソンそしてゴダールの『男と女のいる舗道』
  (個人的にも今迄に観たゴダール作品の中ではこれが最も好み)
  などの映画についての文章もあるので、
  楽しんで読める。
[PR]
by plus-zero | 2011-10-03 05:54 | 読書
+ 『写真論』  スーザン・ソンタグ (晶文社)
f0037748_947867.jpg


+ 写真についての本には、
  ベンヤミンの『写真小史』やバルトの『明るい部屋』、
  富岡多恵子の『写真の時代』などといった優れた本があるけれど、
  その中でもスーザン・ソンタグの『写真論』は、
  もっとも読み応えがあったもの。

  決して読みやすい文章ではないけれど、
  何度も推敲を重ねたらしいその言葉は、
  写真の本質へと厳しく絞り込んでいく凄みがあり、
  その分、被写界深度の深い文章になっている。
  この本が書かれたのは30年以上も前だが、
  その内容のピントは現在にも充分に届いているように思う。

  1839年8月19日、
  フランス学士院で催された科学アカデミーと芸術アカデミーの合同会議にて、
  写真術が詳細に公表された。
  パリの歴史画家ポール・ドラローシェは写真を見て、
  「これで明日から絵画は死んだ」
  という有名な言葉をつぶやく。
  (この後の絵画と写真における表現形式の相互作用と変化の経緯は面白そう)
  そして未読のまま私の本棚に並んでいる
  『リコンフィギュアード・アイ』 ~デジタル画像による視覚文化の変容~
                            (ウィリアム・J・ミッチェル著)
  という本の帯には、
  「誕生後150年を経た1989年を境に、写真は死んだ」
  との言葉がある。

  絵画や写真は私たちの視覚認識に大きな影響を与え続けてきた。
  そして現在私たちの身の周りに溢れているデジタル画像は、
  “見る”ということを、
  どのようにリコンフィギュア(再構成)しているのだろう?
[PR]
by plus-zero | 2011-08-05 09:57 | 読書
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村