+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
+ 路上のドラマ
f0037748_7302063.jpg


+ まだ寝れずにいる。
  もう諦めて起きていることにしよう。
  よって連続投稿をすることにした。
  たまにはこういうこともある。


  数日前、『都会のアリス』(ヴィム・ヴェンダース監督)という映画を観た。
  いわゆるロード・ムーヴィーである。
  ハリウッド映画のような派手さや虚飾もなく、
  路上の風景とともに淡々とストーリーが通り過ぎてゆくような、
  好ましい映画だった。

  道を題材にした映画は案外多い。
  ずばりそのままタイトルになっているフェリーニの『道』、
  ジム・ジャームッシュの『ストレンジャー・ザン・パラダイス』
   『ナイト・オン・ザ・プラネット』、
  やはりヴェンダースの『まわり道』『さすらい』そして『パリ、テキサス』、
  (『パリ、テキサス』の、ライ・クーダーのスライド・ギターとともに始まる
   沙漠のシーンのオープニングがすこぶる良い。)
  マイケル・ウィンターボトムの『イン・ディス・ワールド』、
  ジーン・ハックマンとアル・パチーノ出演の『スケアクロウ』、
  などなど。挙げたらきりがない。
  『地獄の黙示録』、『レインマン』、そして『寅さん』シリーズもそうだろう。
  つまり移動や旅の途中の出来事がストーリーとなった映画。

  ロード・ムーヴィーというジャンルを確立させたのは、
  やはりヴィム・ヴェンダースの存在が大きい。
  彼は自分の会社名を「ROAD MOVIES」としていたほど。
  そして彼は、ひたすら路上のドラマを映画に撮り続けている。

  確かに映画というメディアには、
  ロード・ムーヴィーという手法はふさわしいように思う。
  写真というメディアにはなく映画というメディアにあるものは、
  “時間”というベクトルである。
  つまり、路上の移動・風景の移ろいはそのまま時間のベクトルとして、
  映画のストーリー展開の推進力とすることが出来る。
  『都会のアリス』ではほとんど路上のシーンしかないし、
  この時間のベクトルの流れに逆らう回想シーンといったものも全くない。
  あるのはストーリーとともに流れる路上の風景。
  ロード・ムーヴィーの利点を最大限に生かした映画のひとつであろう。
  こういったこだわりをもとに映画を撮り続けている、
  ヴェンダースという監督の姿勢には大変共感を覚えるし学ぶべきことも多い。
  同じ考え方で建築だって出来そうだ。

  さて、ここまで書いてきて気になったことがある。
  映画の封切などで使われる“ROAD SHOW”という言葉。
  この言葉はどこから来たのだろう?
  yahoo辞書で調べると、ROAD SHOWの意味は、
   ・巡回興行, 地方巡業, どさ回り。
   ・もと、演劇の興行に際して、宣伝のために路上で一部分を演じたところからいう。
  となっていた。
  さらに調べてみると、
  17~18世紀に興行師がマジック・ランタン(映写機の原型)を背中にしょって、
  国中を巡回したのが映画の大衆化の始まりだったらしい。

  映画そのものの歴史もまた、路上にあったのである。
[PR]
by plus-zero | 2008-08-17 07:49 | 雑記
+ 北京オリンピック
+ なぜか今夜はなかなか寝付くことができない。
  いっそ本でも読もうかと起きてはみたものの、
  コレでもない、アレでもないと、
  イタズラに多々の本に手を伸ばすばかりで、
  落ち着いて読むことも出来ない。
  そんなことをしているうちに、
  ふと最近blogの更新をしていないことに気づいたので、
  これを書くことにした。


  言うまでもなく、
  北京オリンピック開催中である。
  TVのニュースでは毎日のように、
  世界の選手たちの輝かしい活躍と同時に、
  中国での様々な問題もささやかれ、
  それらはまさに明と暗をなしている。

  チベットをはじめとする様々な少数民族問題、
  北京の大気汚染の問題、
  開会式などでの偽装問題、
  経済格差問題、
  カシュガル、クチャ、ウルムチなどでの新疆ウイグル自治区での事件、
  (これらの地名は行ったことがあるだけに個人的に懐かしく響く)
  などなど。

  しかし、これらは決して中国だけの問題ではないのだろう。
  民族問題、偽装問題、大気汚染などの環境問題、さまざまな格差問題、
  宗教問題、エネルギー資源の問題、
  これらはどれも複雑に絡み合い、
  中国だけでなく地球規模でも起こっている問題ばかりである。
  けっして他人事ではない。
  ましてや日本はアメリカの偽証を鵜呑みにしてイラクに自衛隊を送っている。

  今の中国は世界の縮図のようでもある。
  それゆえオリンピックを機に様々な問題が、
  中国を舞台にわかりやすいかたちで顕在化しただけ、
  そうとも考えられる。
  今回のオリンピックが中国で開催されたことは、
  ある意味、象徴的なことだったのかもしれない。
[PR]
by plus-zero | 2008-08-17 04:56 | 雑記
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村