+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
+ パーティーは終わった・・・
f0037748_8211734.jpg

+ 『全生命のためのテクノロジー』(めるくまーる社)。
  副題は「 ~適正技術に文明の未来を探る~ 」。
  さて、適正技術とは何か?

   バターを切るにはチェーンソーよりもナイフを使った方が賢明である。
                                  ~A.ロビンス


  この本が扱う内容はテクノロジーはもちろん、
  エネルギー学、経済学、政治学、環境学など実に多岐にわたっている。
  ただ共通して云えることは
  そういったものを含めて、
  この世界のありようを生物学的、生態学的見方で見つめ直してみよう、
  という姿勢である。

  この本を読んで感じることは、
  どうも今現在の人間というのは、
  必要以上に大きい殻を背負ったカタツムリに似ているらしい、ということだ。
  その必要以上に大きい殻というものが例えば科学技術であり、
  それにひきずられ、押しつぶされそうになっているのが人類、ということだ。
  興味深いことに、自然界で生きるカタツムリにおいて、
  必要以上に殻が大きくなることはないらしい。
  カタツムリはその殻を形成している環状の構造体がある一定数になると、
  それまで続けていた構造体の製造を突然やめてしまう。
  もし仮に、さらに殻の構造体が1つよけいに増えたとすれば、
  数学的には殻の容積は16倍と幾何級数的に大きくなり、
  カタツムリ自身を保護するよりも、その過重によって活動が困難になるらしい。
  そういった過剰な成長が一度始まったとすれば、それは幾何級数的に増加するが、
  カタツムリ自身の生産活動は、良くても算術級数的にしか増えないので、
  とても追いつくことができない、というわけ。

  これが成長には限界があるということの、生物学的理由である。
  成長は、ある時点までは非常に有益であるが、
  それを越えてしまうと、成長はむしろ衰弱と死をもたらしかねない。

  このように、
  自然は常に、いつ、どこで成長を停止すべきかを心得ている。
  この自然の成長停止は神秘でさえある。
  すべて自然なものには、そのサイズ、速度、暴力性にいたるまで、
  程度というものを心得ているのだ。

  テクノロジーはもちろん、人間が作り出したものだ。
  そうでありながら、このテクノロジーというものは、
  妙なことに、それ自身の法則と原理によって
  勝手に発展する傾向を持っているらしいのだ。
  そしてこの傾向は自然一般の法則、原理とは著しく異なり、
  そのサイズ、速度、暴力性において、成長停止の原則をまるで認めようとはしない。
  生物学的、生態学的に見れば、自然の微妙な仕組みの中にあって、
  今のテクノロジーというものは異物のように作用しており、
  その拒否反応が
  例えば以前に採り上げた『百年の愚行』に見られる数々の問題の写真、
  と考えることもできる。

  進歩という言葉には気をつけたほうが良いのかもしれない。
  進化という言葉も同じだ。
  これらの言葉には
  なぜか良い意味での前進、改善という響きを備え持っているように感じてしまうからだ。
  しかし、現実にはそういった良い意味だけでの進歩、進化ばかりではない。
  20世紀は確かに、それまでには見られないほど、
  テクノロジーは進化し、進歩したと云えるのかもしれない。
  そして、ある時点までの進化、進歩は非常に有益であったのであろう。
  しかし、いつしか、ある限度を越えてしまっていたのではないか?
  バターを切るのに、わざわざチェーンソーを使ってしまうといった、
  必要以上に大きな殻を背負ったカタツムリに、
  人類はなってしまったのではないか?

   もしテクノロジーによって形づくられたもの、
   そして引き続き形づくられるものが病んでいるように見えるのなら、
   テクノロジーそれ自体に目を向けるのが賢明ではなかろうか。
   テクノロジーがどんどん非人間的になっていると感じられるなら、
   何かもっとましなものがありはしないかよく考えてみるのが当然だろう。
   人間らしい顔をしたテクノロジーである。
                                ~E.F.シューマッハー


  『百年の愚行』に見られるような、
  今迄人類が信仰してきた巨大技術がもたらした、
  自然からの拒否反応をいち早く予見し、察知した者たちが、
  むやみにテクノロジーの進化や進歩、そして巨大化ばかりを求めるのはやめて、
  地球生命圏といったマクロな生物学的視点で、
  そのサイズ、速度、暴力性において人間にふさわしいテクノロジー、
  つまり「人間らしい顔をしたテクノロジー」を探ろう、
  そういった警鐘を鳴らしているのが、この本である。
  適正技術とは人類というカタツムリにふさわしい大きさの殻、
  と云えるかもしれない。
  求められているもの、
  それは決して新しい技術なんかではなく、
  エネルギーを湯水のごとく浪費するアメリカ型文明のようなパーティーは終わった、
  という人間の意識の変容なのかもしれない。


  (上の写真はインドのガンジス河とヤムナー河の合流点にある
   ヒンドゥー教の聖地アラハバードでのマーグ・メーラーという聖なるお祭りの跡のもの)

[PR]
by plus-zero | 2008-09-17 08:28 | 読書
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村