+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
+ 新しいテクスチャー 5
f0037748_16112193.jpg


f0037748_16123690.jpg


+ 廃棄されたモノが再び美しさを纏う。
[PR]
by plus-zero | 2009-12-29 16:14 | 雑記
+ 年末年始のお知らせ
+ 年末年始につきましてご連絡申し上げます。
  恐れ入りますが2009年度の年末年始休業日は下記期間とさせて頂きます。

   2009年12月30日(水)~2010年1月3日(日)

  皆様よい年末年始をお過ごしくださいませ。
  今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by plus-zero | 2009-12-21 20:14 | +0一級建築士事務所
+ 『新・建築の黙示録』
f0037748_11411718.jpg


+ 「人間の生活とか、そこに住む人の心理というものを、
   寸法によってあらわすのが設計というもの」
  と言ったのは建築家・吉村順三。

  建物はコンクリートや鉄、木、ガラスなどのあらゆる物質が、
  あらゆる段階で加工が施され、
  配列されて出来てゆくものである。
  そこには上の言葉にあるような設計者に限らず、
  その建造に関わる様々な人間の意図が何層にも塗り重ねられてゆく。
  例えて言えば、
  合板1枚、ガラス1枚などにも、
  建材用に加工されているという、
  人間の意図が顕れている。

  写真家・宮本隆司氏の『新・建築の黙示録』にある写真が気になっている。
  ここにあるのは建物が取り壊されてゆく光景であり、
  つまり先に書いたような、
  人間によって塗り込められた意味・意図が剥がされてゆく光景でもある。
  崩れたコンクリートの壁や、
  剥き出しになった鉄筋、
  砕けたガラスの破片など、
  人間によって強制的に担わされた用途から離れて、
  物自身としての姿を取り戻しつつある光景。
  そこにはなぜか妙に惹きつけられてしまう美しさがあるように感じる。

  それは人間が意図的にはつくりえない性質の美しさゆえなのか、
  それとも人間にはカタストロフに対する
  潜在的な欲望があるゆえだからなのだろうか?

  
  ※ご興味のある方は
     宮本隆司|Fotonoma The Photographer のサイトへ。

[PR]
by plus-zero | 2009-12-21 11:41 | 読書
+ “つくばみらいの家” 現場 
f0037748_17413193.jpg


+ 久し振りのブログ更新。

  上は”つくばみらいの家”の現場写真。
  今迄自分では設計した事のないプロポーションをしており、
  新鮮で気持ちが良いです。
[PR]
by plus-zero | 2009-12-15 17:46 | つくばみらいの家
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村