+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
+ ”保土ヶ谷の家” 現場  コンクリート打設
f0037748_12374587.jpg


+ 先週の土曜日、
  ”保土ヶ谷の家”の現場にてコンクリート打設が行われました。
  地中部分はセパレーターを一切使用していない型枠ゆえ、
  型枠の倒れ等が少々心配されましたが、
  職人さんが型枠のサポートをこまめに調整しながら、
  コンクリートを廻し打ちしてくださったおかげで、
  充分な精度が確保できていると思います。
  
  
[PR]
by plus-zero | 2010-06-23 12:47 | 保土ヶ谷の家
+ ”保土ヶ谷の家” 現場  配筋・型枠
f0037748_14122186.jpg


+ 今度の土曜日にコンクリート打設を行うため、、
  昨日は”保土ヶ谷の家”の現場にて、
  配筋、型枠、設備配管およびスリーブ等の確認。

  以前の投稿でもお話したように、
  この辺りは地下水位が高いため、
  地下室には防水が必要になります。

  地下の防水についてはいくつかの方法がありますが、
  今回は敷地条件等から躯体防水という方法をとっています。
  また念の為、
  型枠の組み方も工夫してあります。
  通常コンクリートの型枠を組むときにはセパレーターという、
  壁の厚み方向に貫通する金具を用いるのですが、
  このセパレーター部分が地下水を内部に引き入れてしまう恐れがあるため、
  今回は地中部分にはこの金具を一切用いないで、
  型枠を組み上げています。
  
f0037748_14125690.jpg

[PR]
by plus-zero | 2010-06-17 14:35 | 保土ヶ谷の家
+ ”保土ヶ谷の家”  配筋検査
f0037748_16501631.jpg


+ 今日のお昼、
  配筋検査のため”保土ヶ谷の家”の現場へ。

  1階床レベルのコンクリートスラブに大きな開口があるため、
  鉄筋が通常よりも多めになっています。

  中間検査も無事終わりました。
[PR]
by plus-zero | 2010-06-03 17:00 | 保土ヶ谷の家
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村