+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
+ フィルムケースで土を磨く?
f0037748_22474916.jpg


+ 『フィルムケースで土を磨くと光沢が出るんです。』
  と吉野建設さんの社長さん。
  先週末に“保土ヶ谷の家”の上棟のお祝いで、
  お施主さんと一緒に食事(飲み会?)をしている時のこと。

  社長さんは子供たちを相手に、
  泥団子を一緒に作る教室を定期的に開いているらしい。
  土を団子状に丸めて、
  仕上げにフィルムケースで磨くと、
  土色(土色といっても本当に様々な色のものがある)をした、
  綺麗なつやのある泥団子ができるとのこと。
  いろいろなもので磨いてみた結果、
  大きさ、重さ、丸み、仕上がりなどの点で、
  フィルムケースが最も適しているのだけど、
  最近はデジタルカメラの普及のおかげで、
  このフィルムケースがなかなか手に入りにくくなっているらしい。

  上の写真は、
  余計なお世話ながらこちらで捜し集めたフィルムケース、
  その数500個。
  (ちょっと多すぎたか・・・?)
  ただのフィルムケースも、
  ここまでの数が集まると見た目にもちょっと美しい・・・。

  このフィルムケースで泥団子を磨く子供たちの中から、
  将来の左官職人さんが生まれてくれると良いのだけど。
[PR]
by plus-zero | 2010-08-31 12:05 | +0一級建築士事務所
+ ”中目黒の家” 実施設計
f0037748_12462510.jpg


+ ”中目黒の家”の実施設計が始まります。
[PR]
by plus-zero | 2010-08-30 12:50 | 中目黒の家
+ ”保土ヶ谷の家” 上棟
f0037748_12543976.jpg


+ ”保土ヶ谷の家”が上棟します。
  柱に幾つもの穴があいていますが、
  この穴が今回の建物の構造の要、
  それゆえ今回の建物のプラニングの要になっています。
[PR]
by plus-zero | 2010-08-28 12:59 | 保土ヶ谷の家
+ ”保土ヶ谷の家” トップライト 原寸図面
f0037748_175646100.jpg


+ 上の写真は”保土ヶ谷の家”のトップライト部分の原寸図面。
  製作もののトップライトなので、
  原寸の図面を描いて、
  納まりを慎重にチェックしていきます。
  
[PR]
by plus-zero | 2010-08-25 18:04 | 保土ヶ谷の家
+ ”上丸子の家” 地鎮祭
f0037748_2123993.jpg


+ 今日は”上丸子の家”の地鎮祭。
  建て主さん、そしてそのご家族の皆さんに見守られる中、
  式は執り行われました。

  16坪ほどの敷地に木造3階+ロフトの、
  大きな空が見えるお家。
  来年1月竣工予定。
[PR]
by plus-zero | 2010-08-22 21:32 | 上丸子の家
+ ”design”の起源は?
f0037748_1853777.jpg


  久々のブログ更新です・・・。
  今回は本の紹介。

  『世界劇場』 フランセス・イエイツ著
  『ルネサンス様式の四段階』 ワイリー・サイファー著
  『円環の破壊』 M・H・ニコルソン著
  『暗い山と栄光の山』 M・H・ニコルソン著
  『迷宮としての世界』 グスタフ・ルネ・ホッケ著
  『ルネサンスとは何であったのか』 塩野七生著

+ デザインという観点で歴史を眺めてみると、
  おそらくルネサンス期というのは注目すべき時代なのだと思う。
  「The Oxford English Dictionary」に
  英語として“design”という単語が出てくるのは、
  1593年が最初だと言われている。
  1593年は西洋で言えばルネサンス期(狭義の意味でいえばマニエリスム期?)。
  新しい言葉が生まれたということは、
  新しい概念が生まれた、そう考える事もできる。
  しかしそれ以前にも当然モノづくりはあったのだし、
  詩や建築や絵画もあった。
  では“design”という概念が生じる前と後では、
  モノをつくるという行為や考え方に、
  どういった変化があったのだろう?

  そんなわけで、
  最近の私の本棚にはルネサンスやマニエリスムについての本が並び始めています。
[PR]
by plus-zero | 2010-08-17 19:47 | 読書
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村