+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
+ ”保土ヶ谷の家” 09/17
f0037748_13462737.jpg


+ 上の写真は先週金曜日の”保土ヶ谷の家”の現場での打合せ風景。
  鉄骨階段を製作してくれる鉄骨屋さんと、
  搬入の仕方、取り付け方、ミリ単位の寸法調整などの最終確認。
  数週間後の出来上がりが楽しみです。

  余談ですが、
  この”保土ヶ谷の家”の建物の構造計算をしてくれたK君から、
  昨日無事に”パパ”になったとの連絡が先ほどありました。
  良かったね。
  おめでとう。
  
  
[PR]
by plus-zero | 2010-09-20 13:59 | 保土ヶ谷の家
+ 『<象徴形式>としての遠近法』(エルヴィン・パノフスキー 著)
f0037748_1359367.jpg


+ 建物の写真を撮る。
  広角のズームレンズだと周辺部がどうしても歪む(いわゆる歪曲収差)。
  その歪みが大きいと“不自然”に感じてしまい、
  フォトショップなどで画像修正をする。
  すると“自然”な写真になったような気になる。

  でもよく考えてみると、
  これはアベコベな話だと分かる。
  人間の球状の眼の構造を考えれば、
  周辺部が歪んで見えるのはむしろ“自然”なことなのである。
  それを“不自然”に感じさせてしまうのは、
  建物の壁は垂直につくられているはずであり、
  床や天井は水平につくられているはず、といった、
  写真を見る側がそういった認識を持っているからなのだろう。
  人間が見ているものと網膜に映る像は違う。
  つまり人間は網膜に映る像をそのまま見るのではなく、
  認識などといったフィルターを通して脳で翻訳された像を見ている。

  ルネサンス期に発明された数学的遠近法も、
  近代を通じて人間の目に強い影響を及ぼし続けたフィルターのひとつだといえる。
  3次元のものを2次元に数学的に秩序付ける作図法であった遠近法はいつしか、
  われわれのモノの見方つまり目そのものを制度化、秩序化してしまっている。
  つまり遠近法は単なる作図法の発明であっただけでなく、
  人間の新たな視覚そのものの発明であり、
  西洋近代精神の根本となった特異なテクノロジーでさえあった。

  『<象徴形式>としての遠近法』(エルヴィン・パノフスキー 著)は、
  遠近法というものがいかに、
  その時代の精神が求めた象徴的な制度であり教義的な形式であったのか、
  ということに気づかせてくれる。
[PR]
by plus-zero | 2010-09-16 14:10 | 読書
+ 『Bob‘s Fit Market 神楽坂店』 再訪
f0037748_13134792.jpg


+ 今日は久し振りに『Bob‘s Fit Market 神楽坂店』へ。
  建具の調整と新しい棚を取り付ける件で打合せ。

  竣工当時よりも塗装が落ちついてきたのか、
  新しい部分と敢えてそのまま残した古い部分が、
  良い感じで馴染んできています。

  素敵な靴(婦人靴)がたくさん並んでいますので、
  ご興味のある方はぜひ!

  →MAP

  
  
[PR]
by plus-zero | 2010-09-14 13:33 | BFM神楽坂
+ ”上丸子の家” 柱状改良
f0037748_14232810.jpg


+ 今日と明日、
  ”上丸子の家”の現場にて柱状改良が行われます。

  今回のような間口の狭い建物(今回は4Mほど)で駐車場を設ける場合、
  在来の木造ではどうしても1階に多くの構造壁が必要となり、
  その構造壁が車の出入りの邪魔になってしまうので、
  1階はRC造、2階・3階は木造といったような構造になることが多いのですが、
  1階をRC造にすると建物の重量が大幅に大きくなってしまいます。
  近隣の地盤データを基にすると、
  この敷地は多摩川に程近い場所にあるため地盤は軟弱で、
  1階をRC造とすると鋼管杭を17mほどの深さの支持地盤まで打つ必要があり、
  この場合は地盤調査もスウェーデン式サウンディング試験ではなく、
  ボーリング調査が必要になってしまいます。

  よって今回は1階・2階・3階・ロフトの全てを木造にし、
  建物の重量の軽量化を計りつつ、
  柱・梁のジョイント部分を工夫する事で、
  建物の間口いっぱいに駐車場が確保できるように考えられています。
  (ちなみに今回の建物では全ての階において間口方向の構造壁はひとつも無い)
  その結果今回は、
  地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験、
  そして鋼管杭ではなく深さ5.5mまでの柱状改良で充分といった、
  地盤に対しても、
  そしてコスト的にも、
  負担の少ない構造の建物になっています。

  
    
[PR]
by plus-zero | 2010-09-13 15:05 | 上丸子の家
+ 『佐藤 晨』 個展の開催 ~郷さくら美術館
f0037748_11345383.jpg


+ 福島県郡山市にある郷さくら美術館にて、
  私の父である佐藤晨の個展が開催されます。

  個展 ”心象風景” 佐藤晨 展
  平成22年9月15日(水) ~ 平成23年2月6日(日)
  郷さくら美術館  
  午前10時~午後5時閉館(月・火曜日休館)


  詳しくは
  郷さくら美術館のHPをご参照下さい。

  先週、展示準備中の際にお邪魔させていただきましたが、
  大変綺麗に絵を展示して下さっておりました。

  お近くにいらした際は是非お立ち寄り頂けると嬉しく思います。
  
[PR]
by plus-zero | 2010-09-13 11:46 | +0一級建築士事務所
+ ”保土ヶ谷の家” トップライト
f0037748_154981.jpg


+ 今日は”保土ヶ谷の家”の現場にて打合せ。
  トップライトの鉄骨フレームや鉄骨階段の最終打合せと、
  現場寸法の再確認。  
  この建物の前面道路巾は現況で1.8m程しかないので、
  鉄骨階段の搬入の仕方も打合せ。

  この建物は密集地に建つので、
  2つの大きなトップライトで、
  建物全体の主な採光を賄えるようプランが考えられています。
  上の写真はその内の小さい方のトップライト部分。
  長さは5.6Mほどあります。
[PR]
by plus-zero | 2010-09-10 16:00 | 保土ヶ谷の家
+ 『部分と全体』  W・ハイゼンベルグ 著
f0037748_1546162.jpg


+ 今回はW・ハイゼンベルグ著の本『部分と全体』(みすず書房)の紹介。

  「木を見て森を見ず」という言葉があるが、
  ハイゼンベルグであれば「木を見なければ森は解らない」、
  そう言ったかもしれない。

  建築においても“部分”と“全体”の論理は魅力的なテーマである。
  “部分”が先か?それとも“全体”が先か?
  そのアプローチの仕方で建築の設計も変わる。
  ハイゼンベルグはミクロの世界からアプローチすることで、
  マクロの世界を揺るがした。

  ハイゼンベルグは不確定性原理を提唱した量子物理学者。
  不確定性原理についての説明は省略するが、
  アインシュタインの有名な「神はサイコロを振り給わず」という言葉は、
  この新しい量子論に対しての異議申し立てであった、
  ということからも、
  ある程度その内容は予測できるかもしれない。
  それまではある瞬間の初期状態さえ分かれば、
  その後の未来はニュートン力学によってすべてが決まる(つまり計算できる)、
  そう考えられていたが、
  量子のようなミクロの世界は根本的に不確定であり未来は何も決定されていない、
  というのがハイゼンベルグの不確定性原理であった。
  つまりハイゼンベルグは「神はサイコロを振る」と考えた。

  この本の中の討論部分は、
  アインシュタイン、ボーア、シュレーディンガーなどと豪華な顔ぶれであり、
  かつ、それぞれの個性も出ており結構楽しめる。
  (ちなみに先のアインシュタインの言葉もこの本の中にある。)
  科学と宗教、言葉、政治、生物学、哲学、原子技術などとの関係など、
  語られる内容は多岐に渡るが、
  上のような偉大とされる科学者たちは皆、
  科学という限られた領域の優れた専門家であったと同時に、
  大変な思想家でもあって、
  その思想こそが彼らの大きな原動力となっていた、ということが興味深い。
[PR]
by plus-zero | 2010-09-09 15:50 | 読書
+ ”保土ヶ谷の家” ”上丸子の家” 現場
f0037748_17163184.jpg


+ 今日午前中は“保土ヶ谷の家”の現場で打合せ。
  筋交いや構造金物などの取り付けがひと通り完了。
  木造でも今回初めて使用する特殊金物があるので少し気になっていましたが、
  問題はないようで一安心。
  この金物のおかげで、
  ちょっとプラニングが自由なものになっています。

f0037748_17165377.jpg
  

  午後は“上丸子の家”の現場で位置出しの確認。
  この現場を施工してくれるのは、
  “保土ヶ谷の家”と同じ吉野建設さん。
  位置出しの確認と同時に、
  この現場では柱状改良を行うので、
  柱状改良を施工してくれる地研テクノさんと、
  その杭芯の位置及び杭頭のレベルの打合せ。

  どちらの現場も、
  暑い日が続く中頑張って下さっている職人さん、現場監督さんに、
  感謝、感謝です。
[PR]
by plus-zero | 2010-09-03 17:22 | +0一級建築士事務所
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村