+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ ”王子の家” 2016/..
at 2016-11-04 16:17
+ 街の中でずれながら積層する
at 2016-10-05 09:18
+ 王子の家 2016/9/28
at 2016-09-29 12:09
+ 王子の家 2016/9/27
at 2016-09-27 11:49
+ ”つくばみらいの家”の天井
at 2016-09-21 10:24
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
+ 『形を読む』 養老孟司著
f0037748_0322619.jpg


+ 『形を読む』(養老孟司著)を読む。
  副題は「生物の形態をめぐって」。
  養老氏の本は初期の頃の方に良いものが多い。

  解剖学者による形態学についての本。
  形態学では形を扱う。
  しかしこの本では、
  形の「見え方」ではなく「どう見るか」を、
  つまり形態の「意味」を扱っているので、
  『形を読む』なのだろう。

  (1)数学的・機械的
  (2)機能的
  (3)発生的
  (4)進化的
  といった4つの観点から、
  主に生物の形態の意味を探っていく。

  設計とはさまざまな要件を検討しながら、
  それを最終的には形に翻訳することなので、
  当然そこには形態学的な思考も必要となる。
  よってどうしても、
  建築と重ね合わせながらこの本を読む事になる。
  生物と人工物(建築)との違いはあるが、
  その違いがあるがゆえに、
  かえっていろいろと気付かされることも多く刺激になる。
  特に構造と機能の関係についての考察が興味深い。

  形の「見え方」の形態学は、
  できるだけ「客観性」に軸を置こうとしたものだとすれば、
  (完全なる客観というものがあるとすれば、だが)
  形態の「意味」を読む形態学は、
  ある意味「主観」の問題にもなる。
  しかし突き詰めていけば、
  「意味」を読むのも「主観」を持つのも、
  形を観察するその人の脳の機能である。
  それではヒトは形態について何通りの異なった意味を見るのか?
  それを著者はとりあえず先の4つに分類している。
  つまりそれは、
  人に共通としてあるであろう、
  脳の機能形式をも意味している。
[PR]
by plus-zero | 2014-11-12 00:52 | 読書
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村