+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
+ HPに”王子の家”のペー..
at 2018-02-10 14:11
+ HP ”クラスターハウス..
at 2018-02-10 14:06
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+ カラコルム・ハイウェー
f0037748_19383916.jpg


+ 今日は土曜日ということもあって、
  建築とは関係の無い話を・・・。

  もう一度行きたいと思わせる土地があると同時に、
  もう一度通りたいという道もいくつかある。
  イランの土漠の中の道、
  そして上の写真のような北パキスタンのカラコルム・ハイウェー。
  (パキスタンから中国に陸路で行く際は、
   必ずこの山々を縫う道を通ることになる。)

  イランの街々は基本的にオアシス都市であるから、
  バスに乗って数十分も経てば、
  見渡す限り地平線しかない、
  土漠の中の一本道をただひたすら走ることになる。
  時にはその一本道の先の地平線に沈む夕陽に向かって、
  自分の乗るバスが走っていることもあったりして、
  その時の光景は今でも眼に焼きついている。

  カラコルム・ハイウェーで乗ったバスの車体には、
  なんと“HINO”という見慣れたプレートがあった。
  かなり古い型の日本車をデコレーションしたのだろう。
  ただ上の写真にあるように、
  原型の姿をとどめぬほど、
  これでもか!というくらいに派手にデコレーションされていた。
  (イランなどに見られるモスクのモザイクタイルの貼られ方といい、
  どうもイスラムの人々は装飾で埋め尽くす習性があるような気がする。)

  車中には大音量のパキスタン音楽が響き、
  そしてやはり大音量で派手なクラクションを意味もなく鳴らしながら、
  舗装されているのかされていないのか分からないような道を、
  車体を大きく揺らしながら、
  丸一日以上ただひたすら走ってゆく。
  車体とともに大きく体を揺らしながら外を見ていると、
  一瞬、とてつもなく美しい景色が何度かバスの窓を通り過ぎた。
  もう一度戻ってその景色を見たいと思いつつも、
  バスは蛇行する道をただひたすらに走り続ける。

  一年に一度は決まって無性に旅行に行きたいという思いが疼くのだが、
  その時決まってこのカラコルム・ハイウェーで見た景色が、
  頭をよぎる。
[PR]
by plus-zero | 2010-11-27 19:50 | 雑記
<< + ”保土ヶ谷の家” まもなく... + ”上丸子の家” 上棟のお祝い会 >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村