+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ HPが新しくなりました。
at 2018-09-05 12:20
+ "王子の家”がdesig..
at 2018-08-07 11:14
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+ 『フェルマーの最終定理』
f0037748_044522.jpg


+ 昨日は池袋で”鶴ケ峰の家”の打ち合わせ。
  平面詳細図や矩計図にて、
  構造やプラン、寸法等の再確認。
  地下RC地上3階木造の建物だが、
  部分的に鉄骨を採用。
  ちょと変わった構造であるが、
  それはこの建物の空間構成の特殊性ゆえのもの。

  夜”小田原の家”のお施主さんからメールを頂く。
  検討をしてもらっていた基本設計案でOKを頂く。
  こちらも実施設計が始まる。

  週末は
  『感性の限界 ~不合理性・不自由性・不条理性』 高橋昌一郎著
  『フェルマーの最終定理』 サイモン・シン著 青木薫訳
  を読み終える。

  『感性の限界』は同じ著者による
  『理性の限界~不可能性・不確定性・不完全性』
  『知性の限界~不可測性・不確実性・不可知性』
  の2冊が面白かったので期待して読んだが、
  曖昧になりがちなテーマが曖昧なまま語られて終わってしまったような印象を受ける。
  だが部分的に面白いところもあった。

  『フェルマーの最終定理』は面白かった。
  この数学最大の難問に3世紀に渡り多くの数学者が挑戦し破れていたが、
  1995年ついにアンドリュー・ワイルズが8年がかりで完全証明に至るまでの物語。
  もちろんワイルズもすごいが、
  それまでの他の数学者による多くの発見無しには難しかったようで、
  リレーで言えばワイルズは優れたアンカーだったのかもしれない。
  「谷山=志村予想」や「岩澤理論」など、
  そのリレーでは日本人も大きな貢献をしていたようだ。
  数学の証明とはとても緻密な理論による構築物なのだなと感じる。
  ワイルズの数多くのひらめきと、
  それをとことん考え続けるしぶとさが印象的だった。

  引き続き同じ著者による
  『宇宙創世』(上)(下)
  を読書中。
[PR]
by plus-zero | 2012-05-15 00:55 | 鶴ヶ峰の家
<< + BILL EVANS + ”小田原の家” プレゼン >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村