+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ HPが新しくなりました。
at 2018-09-05 12:20
+ "王子の家”がdesig..
at 2018-08-07 11:14
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+ 『 the garden 』           - 監督:デレク・ジャーマン -
f0037748_1357445.jpg


+ この世の楽土。
  イギリスのケント州、ダンジェネス。
  その広大な荒れ地の中の、わずか30坪ほどの庭に、
  その楽土は、あった。

  かつて、大地は楽土(パラダイス)であった。
  しかし、いつしか、楽土としての自然を失ってしまっていた。
  荒廃した社会から宗教が生まれたように、庭園も失楽園から生まれた。
  庭園とは、その失ってしまった楽土を、人工的に外界へと造形する試みに他ならない。
  庭園にはどこか、彼の世の楽土への夢想を隠し抱いている。
  だから、いくら完璧に手入れが施されようと、庭園には完成というものがない。
  それは持主の死によってのみ、遂げられる。

  イギリスの映像作家デレク・ジャーマンは、自身がHIV陽性であることを知った後、
  ダンジェネスの荒廃した土地の中に漁師小屋の売り家を見つけ、そこに住みつく。
  そして海水にさらされた流木や骨、穴のあいた石、貝殻、錆びた鉄とともに、
  数々の野菜や花々による、恐らくは危険で最悪な土地での、
  奇妙で美しい庭造りがはじまる。
  なぜなら、この土地での一日は小鳥のさえずりではなく、
  近くにある巨大なダンジェネス原子力発電所の始業のチャイムとともに始まるのだから。
  彼は核で入れた茶を飲み、小象のような咳をしながら、庭造りをつづける。
  その庭は、地平線に浮かぶ巨大な原子力発電所のシルエットの前で、
  その地上の人工の太陽による、ある種の神々しさをまとった光によって、
  よりいっそうの妖しい輝かしさを増してゆく・・・。

  この映画は、この庭を舞台として、デレク自身の心象風景、キリスト教、
  そして現代社会がコラージュされた、そして
  「偽りの言葉で沈黙を満たそうとするな」
  という彼の言葉どおり、ほぼサイレント・ムービーである。
  数少ないセリフはほぼすべて、現代社会を象徴するものでしか、無い。

  庭がほぼ完成に近づくにつれ、
  病に侵されているデレクの体は衰えてゆき、そして眠りにつく。

  『私はもう言葉もない 
   私の震える手ではこの怒りを表せない 
   ただ悲しみだけがある』
                             - デレク・ジャーマン -

  主を失ったその庭は今も、
  その沈黙の中で、デレクのメッセージを育んでいるのかもしれない。
[PR]
by plus-zero | 2008-05-09 09:24 | 雑記
<< + 『あしたをつかめ 平成若者... + 天を測る >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村