+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
+ HPが新しくなりました。
at 2018-09-05 12:20
+ "王子の家”がdesig..
at 2018-08-07 11:14
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+  『百年の愚行』     ― Think the Earth Project 発行 ―
f0037748_19424577.jpg



+ 写真集というものは便利な本である。
  時折、思い出したように手に取り、パラパラとページをめくってみる。
  それは一杯のコーヒーを飲んだり、トイレの中にいたりなどの、
  ほんのちょっとした短い時間。

  写真集はそんな、ちょっとした時間を過ごすのに都合のよい本である。
  文章などと違って、写真には時間の流れという構造が無いから、
  始めから順を追って読む必要が無い。
  ただ思い思いに、ページを操っては、気になった写真を眺める、それでよい。
  しかし、この『百年の愚行』という写真集はそうはいかない。
  眺めていて心地よいものでは決して無い。

  ここに集められた約100点ほどの写真は
  世界中のフォット・ジャーナリストたちによるものである。
  科学技術や産業の飛躍的発達が20世紀における”光”の側面だとすれば、
  これらの写真が紡ぎだすものは20世紀のもうひとつの側面、”闇”の部分である。
  射す光が明るく強いほど、その背後に浮かび上がる影が濃いように、
  この本の示す闇は、どうしようもなく、深く鋭い。

  大気汚染、森林伐採などの環境破壊、
  大量生産・大量消費による廃棄物の問題、
  化石燃料などのエネルギーなどのエネルギー問題、
  核・テクノロジー、
  戦争、
  差別・迫害、
  難民、
  そして貧困。
  そういった、普段、僕らの前から隠されている部分が、この本の中で、暴かれている。

  これらの写真を見てわかることは、地球は有限である、ということ。
  無限とか永遠などといったものは幻想でしかなかった、ということだ。
  そして、これらの幻想こそが、あらゆる問題を生み出した、
  根本的原因でもあるように思う。

  今や、我々人類は子供の世代、孫の世代、その次の世代と、
  将来に残されるべき再生の利かぬあらゆる資源を食い潰して生きているらしい。
  そういった借金生活の上で、今の妙に明るい世界が成り立っているらしいのだ。
  困ったことに、どうも、そのツケは返せそうにない・・・。
  今では、地球は時限装置付きの惑星である。
  それを仕掛けたのは、20世紀はじめには15~16億ほどであったのが、
  今世紀には60億を越えた、我々人類である。

  一杯のコーヒーを飲みつつ、この本をちょっと眺めてみる。
  そんな、少し気分のふやけた時に、不意にすっと深く忍び込んでくる自戒の書が、
  この『百年の愚行』である。


  + Think the Earth のWEBサイト
[PR]
by plus-zero | 2008-05-14 19:52 | 読書
<< + 向こう側    ~ 『示現... + 『あしたをつかめ 平成若者... >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村