+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ HPが新しくなりました。
at 2018-09-05 12:20
+ "王子の家”がdesig..
at 2018-08-07 11:14
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+ 向こう側    ~ 『示現』  日野啓三 著 ~
f0037748_23395188.jpg


+
 ここではない何処かへ、ここにはない何かを、
  目に見ることもできず、手にも触れることのできぬ何かを、
  かすかにでも感じながら生きたい、
  そう考えている人が、わずかではあっても、いる。

  日野啓三。
  僕にとって彼はそんな人たちの一人である。
  彼には「夢の島」や「砂丘が動くように」といった
  読むものの世界観を大きく揺さぶる大型台風のような
  たいへん優れた中編小説もあるのだけれど
  ここでは敢えて、そよ風のような短編小説、
  「示現」について触れる。

  この小品には、いわゆるストーリーといったものはない。
  僕はこの作品の最後にある、
  オーストラリアを旅する主人公である男とアボリジニの老人との会話の部分、
  そこがとりわけ好きなのだ。
  そんな、わずか十数行ほどの部分があるだけで
  その作品全体、その作家自身が好きになってしまう、
  そんな小説も時には、ある。

  世間では恋愛小説といったものの類ばかりがもてはやされているけれど、
  彼はそういった類の作家ではない。
  彼は作品を描き続けることで、それとはまったく異なったものを求めている。
  それは何かと言えば、
  日常の生活の中では得られない何か、
  ここではない何処か、ここにはない何か、
  眼に見えるものではない、手に触れることもできない、
  けど、もしかしたら、
  この世界を秩序付けている真理といったようなものがあるかもしれない、
  そういった「向こう側」(これは彼の処女作品のタイトルでもある)の世界、
  そんな、あるんだか、無いんだか分からない、
  いや、恐らくは見つかるはずも無いような別世界へ通ずる回路のようなものを、
  彼は作品の中で求め続けている。
  この「示現」という作品は、
  そんな「向こう側」の世界を探し続けている作家が
  僕らに送って寄こしたそよ風である。


  主人公は、地平線の向こうからやってくる風に吹かれる中、
  いつしか、アボリジニの老人と荒れ始める平原を見つめていた。
  主人公は老人に、なぜかふと、
  「普通なら未知の他人にいきなり口に出来ないような質問」をする。
 

   「人間、死んだら、どこに、行くのだろうか」
  
   その老人は、そんな質問に驚くことも無く、
   それはまるで、通りがかりに道を尋ねられでもしたように落ち着いて、
   片手を上げて人さし指を黙って空に向けた。
   「では、空に上がって、何になるのだろう」
   続けて私は尋ねた。
   途端に老人は俯いて片手を口に当て、クックッと小声で笑い出した。
   おかしくてたまらないという様子なのだ。
   子供でも知っているそんなことを、いいおとなが本気できくなんて、
   という仕草だった。
   ひとしきり屈みこんで笑い声を洩らしてから、上体を起こして、
   老人ははにかむように一語だけ答えた。

   「風ーウィンドー」



  僕はこの部分を読むたびに、
  まるで、そよ風に吹かれる中に立っているかのような、
  そんな快さに包まれてしまう。


  (上の写真は、イスファハン(イラン)のモスクにて撮影したもの)
[PR]
by plus-zero | 2008-05-17 23:56 | 読書
<< + 沙漠に咲く花 +  『百年の愚行』     ... >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村