+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
+ HPが新しくなりました。
at 2018-09-05 12:20
+ "王子の家”がdesig..
at 2018-08-07 11:14
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+ 『魔法としての言葉~アメリカ・インディアンの口承詩~』 (2)
f0037748_19301559.jpg


+ エスキモーの人たちは、あらゆる生きものや山、川、草、木、
  そして太陽や雨や風や月の満ち欠けといった自然現象さえ、
  自分たち人間と同じように生きているものと考えていた。
  万物にはそれぞれのイヌア(所有者)が生活し、
  それは人間の姿をしていると信じていたのである。
  イヌアを仲介して、エスキモーの世界は自然と超自然が一体となっていた。
  そしてエスキモーの人たちは生まれ変わりを信じていたらしい。
  動物を人間と区別しない彼らは、当然、動物も生まれ変わると信じていた。
  たとえばカリブーを仕留めると、その場所に頭部を切り落として残してゆくという。
  カリブーは次の季節に毛皮を着て、肉を付けて戻ってくると信じていたからである。

  こうした世界のとらえ方、また生まれ変わりといった考え方、
  すべてのものが魂を持ち、世界を共につくっているという彼らの謙虚な姿勢は、
  人間が自然の中で行き続けてゆくための、
  いわば知恵のようなものであったのかもしれない。
  たとえば生まれ変わりを信じるという知恵、
  それは来世という先の未来に責任をもって今を生きるということにつながってゆく。
  彼らはそういった遠くにかすかに見える地平線のさらに向こう側を
  わずかにでも感じ続けようとしながら生きることで
  この大地にまっすぐ立つことができたのであろう。

  しかし、20世紀に飛躍的に発達し、今を生きる多くの人たちが
  ひとつの大きな価値基準としている科学というものは
  こういった知恵を認めようとはしないであろう。
  つまり、科学的には真実ではない、ということになってしまう。
  しかし、それでは真実とは何なのだろう?
  もし僕らの生活に一輪の花を添えるものでなかったら一体何のための真実なのか?
  逆にいくら科学的に真実ではないとしても、
  それが僕らの生きざまに少しでも彩を与えてくれるものであるならば、
  それはそれでれっきとした真実なのでは?
  科学は僕らを宇宙へと連れて行ってくれるかもしれないが、
  彼らのような精神的にも想像力的にも豊かな生活には
  僕らを導いてはくれないのかもしれない。
[PR]
by plus-zero | 2008-07-15 19:44 | 読書
<< + ”あるがままの自然”? + 『新しい住まいの設計』 (... >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村