+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
+ HPが新しくなりました。
at 2018-09-05 12:20
+ "王子の家”がdesig..
at 2018-08-07 11:14
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+ ”あるがままの自然”?
f0037748_12535979.jpg


+ 自分が今見ている世界とは何だろう?
  自分とは関係なく、誰が見ても同じであるような確たる世界というものがあって、
  自分はただそれを切り取っているだけなのか?
  それとも、自分が持つ心象などのフィルターを通して編集された世界を
  見ているだけなのだろうか?

  「生物から見た世界」 (ヤーコブ・フォン・ユクスキュル著)が出版された当時、
  あらゆる“知覚”と、
  それまで“知覚”というものを語る上で切り離されてしまいがちの“主体(主観)”を、
  その両方を結びつけようと試みた画期的なものであったらしい。
  ユクスキュルはこの本で、
  ダニやハエ、ミミズ、ミツバチ、ヒキガエル、コクマルガラスなど、
  それらの生物には世界がどう見えているのかではなく、
  それら生物が世界をどう見ているかを語る。
  そしてそれらから、
  「あらゆる生物はそれらの主観などのフィルターで加工された世界しか見ていない」
  という提言が浮んでくる。
  ユクスキュルは、
  上のような加工された世界を“Unwelt(環世界)”、
  加工される前の世界を“Umgebung(環境)”と名づけ、二つを分けた。

  どうも主体というものはシャボン玉のようなものなのかもしれない。
  主体はシャボン玉の中に閉じ込められた空気のようなもので、
  常にそのシャボン玉の膜(フィルター)を通してしか世界を見ることができない。
  シャボン玉の外に広がる世界が“Umgebung(環境)”であり、
  シャボン玉の膜に映りこむ世界が“Unwelt(環世界)”であって、
  主体は常に膜に映りこむ世界“Unwelt(環世界)”しか見ることができないでいる。
  シャボン玉の外に広がる世界“Umgebung(環境)”を見るためには、
  その膜を破る必要があるが、
  そうすると主体というものは外へ拡散して、消滅してしまう。

  近年の地球環境問題が語られる中で、
  “あるがままの自然”とか“ありのままの世界”といった言葉を何度も耳にするけれど、
  実のところ、誰もそれを見たことはない、ということかもしれない。
[PR]
by plus-zero | 2008-07-18 20:16 | 読書
<< + スケールの問題 + 『魔法としての言葉~アメリ... >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村