+ ARCHITECT         - 天を測る -



佐藤森|+0一級建築士事務所のblog
by plus-zero
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村
◇+0一級建築士事務所
東京都渋谷区本町6-21-1 B1F

TEL:03-5309-2982

+0一級建築士事務所HP



カテゴリ
全体
+0一級建築士事務所
設計の流れについて
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL (西宮BLD)
クラスターハウス(小田原の家)
鶴ヶ峰の家
赤塚の家
中目黒の家
上丸子の家
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
BFM神楽坂
百合丘の家
読書
雑記
ライフログ
掲載誌
王子の家
CASA ESPIRAL
クラスターハウス
中目黒の家
上丸子の家
BFM神楽坂
保土ヶ谷の家
つくばみらいの家
百合丘の家
コラム・批評
王子の家
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
最新の記事
+ HPが新しくなりました。
at 2018-09-05 12:20
+ "王子の家”がdesig..
at 2018-08-07 11:14
+ Architecture..
at 2018-06-14 12:03
+ 『新建築 住宅特集』 5月号
at 2018-04-22 14:31
+ ”王子の家”撮影
at 2018-03-27 16:14
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
+ スケールの問題
f0037748_23412840.jpg


+ “スケール”という言葉は建築を生業としている人間には馴染み深いものである。
  建築というものは基本的に、色々な意味において大きいものであるから、
  設計を行う際、様々なスケール(縮尺)の図面や模型を利用する。
  そして、1/500や1/100の図面では敷地周囲と建物の関係、
  1/50の図面では前面道路や隣地と建物、その内部の関係、
  1/30や1/20の図面では主に建物内部やその寸法の関係、
  1/5や1/2(時には原寸)の図面ではモノとモノとの納まりの関係というように、
  同じ建物の図面であっても、そのスケールによって、
  そこに見るものは変わってくる。
  最終的に1/1のスケールの実物が出来たときには、
  そこには図面などでは予測できなかった効果などもあったりして、
  それが建築設計の難しさでもあり、楽しみでもある。

  ここ数ヶ月、中国の四川省や岩手・宮城内陸で大地震があったとき、
  複数のニュース番組などで
  「地球内部のマントルが対流し、その上にのっかっている複数のプレートが動いている」
  という地震のメカニズムについての説明を何度か耳にした。
  マントルとは、つまり大きな岩である。
  岩という硬い固体が対流するとは、どういうことだろう?
  対流とは暖房された空気とか、お風呂を沸かすとか、
  液体とか気体の性質のことではなかったか?
  気になって調べてみると、
  時間というものにも“スケール”がある、ということに気づいた。

  ある大学の研究室でこんな研究があった。
  完全に温度調節された部屋に、天井から金属にオモリをつけて吊るしておく。
  何十年も吊るしておくと、その金属はいわば無際限に伸びていく。
  (温度調整されているので、これは熱膨張によるものではない。)

  マントルも金属も、
  人間的な短い“スケール”の時間で見れば「固体」のように振舞うが、
  もっと長い時間の“スケール”で見ると「液体」のように振舞うことがある。
  つまり、「固体」か「液体」かということは、
  どういう時間の“スケール”でものを見るかによって変わってくるらしい。

  僕らの周りに広がっている世界も、
  それを見る時間の“スケール”をどう設定するかによって、
  ちがった側面が見えてくるのかもしれない。
  宮澤賢治の
  『わたくしといふ現象は/仮定された有機交流電灯の/ひとつの青い照明です』
  という詩のように。

  ps.
  この投稿を終えてすぐ、岩手北部でM6.8の大きな地震がありました。
  深夜ということもあり、心配です。

  
[PR]
by plus-zero | 2008-07-23 23:43 | 雑記
<< + 『sicilia』 + ”あるがままの自然”? >>
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村